社長挨拶

1972年の設立以来、三鷹産業株式会社は皆様の多様な資金ニーズに迅速かつ柔軟にお応えしてまいりました。

成熟社会である今日に至るまで、昭和オイルショック、平成不況、当業界における社会的問題等、我々を取り巻く厳しい環境の中、常にお客様の視点に立った経営戦略で日々改革を推し進め、業容の拡大に伴う支店開設など、当社が今日まで着実に成長し続ける事ができたのは、「お客様」あってのことと社員一同深く感謝いたしております。

今日の日本経済を支える企業の8割は中小企業であり、都市銀行や公的金融機関だけでは需要は満たされず、我々の業界が果たすべき役割は重要性を増しています。

このような状況下で当社が持っている事業優位性は、既存のノンバンク業界の常識にとらわれない独創性を持ち、常にお客様の視点に立った新しい商品開発、柔軟なサービス提供など新しい高付加価値創出に積極的に取り組んでいることにあります。

また、多様な資金ニーズを満たしていく金融サービス向上のため、創業以来一貫して、お客様一人ひとりの声に直接耳を傾けるための仕組みづくりに日々取り組んでまいりました。お客様の満足度の向上を図る上で、これからの時代にとって必要なことは、お客様とのコミュニケーションにより、一人ひとりのニーズに適合した商品やサービスを提供することであり、当社で導入したCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の基本的な概念そのものなのです。

今後も経営理念である「お客様第一主義」を徹底するとともに、コンプライアンス(法令順守)を堅持し、皆様により高い信頼と安心を常にご提供できる企業でありつづけるよう一層の企業努力を重ね、社会に貢献していく所存でございますので、何卒ご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
小林 一男


ページトップへ